和とやんちゃ猫「はる」の日々のつらつら日記. 旅行,写真も大好きです. 天猫しゅうた様は心の友です!

 さよなら、しゅうた様 

本日7月28日午後4時20分。
しゅうた様は虹の橋を渡っていっちゃいました。
13年と2ヶ月の猫生でした。
長い間、一緒にいてくれてありがとね。






ここ2ヶ月ほどで判明し、急に悪化した糖尿病。
実はここ1ヶ月ほどはほとんど何も食べられず、ゴールデンウィーク頃には7.8キロあった体重も7月半ばに量ったときには5キロをきっていました。
昨日入院前に測定した時は、前の日入れた点滴が残っていても4.8キロ。
巨猫だった面影は背の高さだけです。
かなり痩せてほとんど筋肉は落ちてしまっていました。



今週はじめくらいには何か口にいれようとすると拒絶して嘔吐してしまい、さらに体力を使ってしまったようです。
26日の夜7時からインスリンの投与をはじめましたが、血糖値が下がることはなかったので、もしかしたら、インスリンが効かないタイプの糖尿だったのかもしれません。
(本当はちゃんとご飯が食べられるようになってから、その量とインスリン量を調整しながら治療をしていく予定だったんです。)


その晩9時と10時頃にかなり激しい嘔吐がありました。吐くものはないんですがかなり苦しそう。
それから足腰がたたなくなり、寝たきりに。
おしっこは普通にでているんですが、一人ではトイレにもいけなくなりました。



27日の午後、半日休暇をとってお昼に帰宅しました。
しゅうた様は寝返りはうっていますが、お漏らしをしていました。
もう脱走する心配もないので、部屋中開けて空気を入れ替え、下に敷くタオルを換えてぬれタオルでお尻や足についたおしっこをふいていたら、マッサージされているみたいで気持ちがよかったのか喉をゴロゴロいわせました。

体調が悪くて一週間くらいこの音をきいていなかったので、なんだかちょっと安心しました。
今思うと、外の気持ちのいい風にあたりながらマッサージされていたこのひと時が、最後のいい気分だったようです。
こんなひと時を、意識があるうちにもててよかった~。



でも、その日の夕方インスリンを打ちに病院へ行って様子をみて血液検査をしてもらうと、インスリンの効き目がないこと(血糖値が上がっていた)、3日前の検査よりカリウムがかなり欠乏して(半分くらい!)いることが判明。
かなり危険な状態です。

先生から、今後も同じようにインスリンと点滴だけ打って帰宅するか、入院して経過をみながらカリウムを多めに投与してみるかどうするかもちかけられました。
カリウムは心臓を動かすのに必要ですが、逆に量によっては心臓に負担をかけ止めてしまう危険性もあるので、様子をモニターしながら使う必要があるそうです。

前日の激しい吐き方を経験していたので、「あの苦しさは私ではどうしようもない。病院で今の悪い状態を脱してからまた通院治療に切り替えたい」という考えを伝えました。
病状が変化したら、いつでも携帯に連絡を入れてもらうことにしてしゅうた様を病院に預けました。
もう、その晩は色々気になって熟睡できませんでした。



そして今日。
朝9時過ぎても電話がないので、「しゅうた様、もちなおしているかも!」と僅かな希望をもちました。
でも、ちょうどお昼になる頃、病院から電話がありました。
「カリウムの点滴もインスリンもほとんど効果がなく、呼吸がやや速くて寝ている(昏睡?)状態です。」と先生から説明がありました。
「今日の夕方、もう一度今後の治療について話しましょう。退勤の時でいいですから寄ってもらえますか?」

今すぐにどうにかなってしまいそうではなさそうでしたが、もう、午後は気が気ではありませんでした。

そして、そろそろ退勤という頃電話が。
「呼吸が停止の状態になりました。すぐにこられますか?」

私の退勤時間は4時半。時計は4時15分ごろでしたが、無理をいってちょっとだけ先に帰らせてもらいました。
もう、半泣きで病院に到着。4時40分頃だったと思います。
すぐに奥の処置室に通してもらいました。


しゅうたは4時20分に静かに息をひきとったそうです。
入院する時から敷いてくれていたホットプレートのせいか、まだあたたかなしゅうた様は、目を開けて横になっているだけ。
表情も静かで、本当に寝ているだけみたいでした。

吐いたとき以外はほとんど意識が無い、寝ているような状態だったそうです。
苦しいのは可愛そうなので・・・といっておいたためか、無理な延命(心臓マッサージとか酸素吸入とか)も極力控えてくれていました。
(私も無理な延命はしないように、先にお話してありました。)
老齢ということと、かなり体力を消耗していたことを考慮に入れていていただいての処置で、本当に感謝しています。


帰宅して、いつも帰りを見ていてくれた窓辺のソファの上に置いて、しゅうた様の前でひとしきり号泣しました。
それから、暗くなる前に父と庭に埋葬しました。

急なことでお花の準備もできなかったので、近くに咲いていたシロツメクサを13本(歳の数)束ねて一緒に入れてあげました。


本当は、この週末くらいがやまかな・・・今夜はしゅうた様の隣で寝よう・・・なんて考えていたのに、一足先に駆け足でするりと虹の向こうへ行っちゃった感じです。
最後までマイペースなしゅうた様でした。



いつもしゅうたを可愛がってくれたみなさん、病気のことを心配してくださったみなさん、しゅうたのためにどうしたら一番いいか悩んで治療してくださったファミリー病院のK先生はじめ看護士さんたち。
本当にどうもありがとうございました。

そして、先に虹の橋を渡っていったreineさんとこのたまちゃん。
しゅうた様をよろしくお願いねー。

20:59 |2006/07/28 | | コメント:21 トラックバック:0 | 動物・ペット |TOP



コメント

ありがとうございます

kinakoさん>
まだ気持ちの整理がついていないお辛い中、コメントをどうもありがとうございました。
だんだん弱っていく様子は、症状がにていたんですね。
しゅうたにも固形は無理なので流動食とか、栄養剤(液体)を与えていました。
でも、吐き気がひどくなると口に入れても数分後に吐き出そうとしてしまって・・・。
少し吐き気がおさまると、また少しでもとちょっと無理に流し込んだりして・・・。
なんか最後の頃は、私のほうが無理にでも口に入れないとって思ってしまった感じがあり、可愛そうなことをしたかもしれません。

kinakoさんの「朝になったときに冷たくなっていれば」っていう気持ちも、わからないでもありません。
介護するのが長くなって、本猫も辛そうなのに先が見えないと、ついそういう気になってしまいます。
私も、母が末期ガンで亡くなる数日前にそんな気持ちになったことがありました。
でも、それは決してきなこちゃんや、母が嫌いだからじゃないんですよね。
介抱している私たちが精神的にかなり参っていたからだと思います。
kinakoさんもそれまでは精一杯面倒を見てあげたことと思います。
あまりご自分を責めないでくださいね。

しばらくは、私も他の方々のブログで楽しませていただこうと思います。(^^)

こんばんは、初めてお邪魔させていただきました。
しゅうたちゃん、立派な巨猫ちゃんでしたね。
亡くなる前に食欲がなくなり体重が激減して動けなくなってその場でおもらししてしまう…きなこと同じですね。亡くなる前日、荒い呼吸のきなこをなでるとゴロゴロと聞こえてきて少し安心して和さんのように嬉しかったのを思い出しました。
臨終の時に立ち会えなかったのは残念でしたね。お仕事されながらだからさぞ心配だったでしょう。私は専業主婦ですからずっと傍にいたのですが、逆に苦しそうな姿をいつも見てると心配で辛かったです。だから点滴のために病院に数時間預けたときは正直ホッとしました。最後まで懸命に治療したようにブログではかいてますが流動食など、どうやっても上手く食べてくれなくなった時は世話をするのが嫌になってました。できれば朝、冷たくなっていてくれれば…と何度か思いました。ひどい飼い主ですよね。
こんな私なのにきなこはよく懐いてくれてました。最後に触ったあの柔らかい毛の感触は忘れません。子供たちは早く新しい子猫を欲しがりますが、もう二度とあんな思いはしたくないです。でも、やっぱり猫は好き!!暫くはこうしてブログで可愛い猫ちゃんたちを愛でていこうと思います。
天国できっと巨猫団作ってますよね。

satoさん>
優しいコメント、どうもありがとうございました。
そっくりな巨猫さんということで、「め組」に入るのを楽しみにしていたんですけど、残念です。
もっと早くお知らせしたかったんですけど、悲しいお知らせだったのでちょっと躊躇してしまいました。
でも、satoさんと相棒さんとなによりめんまさんの優しさの記事を読んで、勝手に「きっとこの人達ならわかってくれるよね」と思ってお知らせしました。

しゅうた様が天猫になってからも、めんまさんの記事はすごく楽しみで毎日真っ先に読んでいました。
めんまさんみてると、本当に可愛くて、愛しくて、自然と笑顔になっちゃうんですもん。
しゅうたとの別れは悲しいことでしたが、こうして色々な人と出会うきっかけを作ってくれたことに、本当に感謝してます。

最後にめんまさん、これからもsatoさんとの楽しいぼけつっこみしてみんなに笑いをふりまいてくださいね!


和さん、ごめんなさい。
しゅうた君が虹の橋を渡られた事、はじめて知りました。
ご無沙汰していたのもあって、そんなにも状態が悪かったなんて全然知りませんでした。ほんとごめんなさい。
和さんの到着までがんばったしゅうた君、とても優しく強くいい子ですね。
最後まで頑張ったしゅうた君の様子を拝見し、涙がとまりません。
病気との闘いは、しゅうた君自身も辛かったでしょうが、和さんをはじめご家族の心労も計り知れない事と思います。
本当にお疲れ様でした。
そしてそんなお辛い状況にも関わらず、温かいコメントを下さって本当に感謝いたします。
しゅうた君はうちの子に似ていて、人事とは思えないです。
私も、和さんがしゅうたくんを目一杯愛したように、めんまさんを大事にしていきます。
しゅうた君のご冥福を心よりお祈りいたします。

和2さん>
ありがとう。
昨日今日でしゅうたの使っていたものなんかを、泣きながら片付けました。
最近入手した愛用の玉座だけは手放す気になれず、いつも座っていたソファの上に「しゅうた席」として残すことにしました。
いつでもここで一緒にいようね。
本当に一緒にいられてよかったと思える13年でした。
いつまでも忘れないよ。


麦さん>
どうもありがとうございました。
黒猫むーやんも糖尿病をもっているということで、色々アドバイスをいただいて、本当にありがたかったです。
しゅうたの場合、どうしても食欲が戻らず、結果治療のタイミングが遅れてしまいました。
体質なのか、そういう種類の糖尿だったのか、結局インスリンも効かなかったようです。本当に苦しそうだったのは吐き気がひどかった最期の数日だけでしたし、息を引きとった日はほとんど意識も無く眠るようだったということですので、苦しまなかったことだけが飼い主としてはありがたいです。
夢の中でもバケネコになってでもまた会いたいなあ。

遅ればせながら

しゅうたサマのご冥福を心よりお祈り申し上げます。この2ヶ月間病魔と闘って闘って、闘い抜いて開放されたのですよね。しゅうたサマ、お疲れ様でした。

和さんも看病お疲れ様でした。きっと体力的にも精神的にも大変でしたよね。まずはゆっくりとお休みください。

しゅうたサマが亡くなってご心中は察するに余りありますが、しゅうたサマは和さんと出会って幸せに暮らし、自分の猫生に満足して旅立ったのだと思います。あの世か、来世か、夢の中か。きっとまたどこかで会えるはずですよ!

逝ってしまたのね・・・。

なんて慰めていいのか分かりません。
元気になって!なんて無責任なことは言えないけど、
しゅうた様の思い出を胸に1歩1歩かみしめて生きましょう。
お別れの悲しみより、しゅうた様と出会えた喜びの方が
絶対絶対大きいはずだもの・・・。

らぶダーリンさん>
今日はどうもありがとう。
なんかね、あそこにいったら元気パワーもらえました。
やっぱりTTFすごいなぁ。
らぶダーリンさんの気持ちのこもったハグも嬉しかったわ。
正直、最期までみとってあげられてちょっとホッとしています。
海外旅行とか行く時には、「私が大怪我したり死んじゃったら、しゅうた様どうなっちゃいうかな」っていう不安は持ってましたので。

みんなから励ましの言葉をもらったので、かなり元気になりました。
本当にどうもありがとう!


まこさん>
どうもありがとうございます。
私もこんなに悪くなっていたとは・・・という気持ちです。
体格がよかったし数日前にはブログにも書いたように、二階まで上がってくるほどだったので気がついてあげられませんでした。
糖尿って怖いです。本当に、静かにじわじわとって言う感じで病気が進行していたんですね。

これまでは病気らしい病気をせずにきたので、悪くない猫生だったかと思っています。
今回も2ヶ月弱しか通院しませんでしたしね。
しゅうたの場合インスリンの効き目がでないタイプの糖尿だったので、先生も治療はしにくかったと思います。
最期も苦しまずに、徐々に呼吸がゆっくりになって眠るように逝ったそうなので、それだけが救いです。
今はゆっくり安らかに眠って欲しいと思っています。


ツキノワグマさん>
ありがとうございます。
みなさん、なんとか言葉を使って気持ちを伝えてくれようとしてくれています。
文章の端々からその気持ちがすごく伝わってくるんですよ。
みなさん優しいなあ。その気持ち本当に嬉しく思います。

今はまだ思い出すと涙が出ちゃうけど、亡くなった者たちには「いつでも忘れないで思い出してあげること」が、一番じゃないかと思っています。
「君たちがいなくなって寂しいんだよ」って思うより「君たちと過ごせてよかったよ!」って思っていたいんです。
もしかして、クマさんもそんな風に気持ちが変わってきまたんじゃないですか?(^^)

涙は流すけど、元気いっぱい毎日を送れるようにしますね!

ドンちゃん>
今日はどうもありがとう。
ドンちゃんところで3人でおしゃべりしたら、だいぶ気持ちが軽くなりました。
不思議だよね。
お母さんの時もそうだったけど、亡くなっても忘れずにいることって大事だと思うのよ。しゅうたと一緒にすごした年月もずっと忘れないで大事にしていくね。
そういえば、ドンちゃんは、ナマのしゅうたを見た数少ない一人なんだよ。
なんたって、人が来るといつも隠れちゃうからね。(^^;)


ミーシャさん>
はじめまして。そして、しゅうたの為に涙していただいてどうもありがとうございます。「和の部屋」のほうも見ていただいたんですね。しゅうたのお茶目な一面をみていただけたら、私もすごく嬉しいです。
本当に自慢のいい猫でした。

それにしても、ミーシャさんのところの猫さん達、美にゃん美にょぞろいですね。
いずれ、ゆっくり訪問させていただきますね。


康汰パパさん>
ワンコ飼いの康汰パパさんだけど、しゅうたへの愛情、ひしひしと感じました。
本当にありがとうございます!
しゅうたのことを知って、康汰君を甘やかした気持ち、私もすごくわかります。
他の方のニャンコやワンコが虹の橋を渡ったときに、私もそう思いました。
これからも康汰君と楽しい時を過ごしてください。
そして、「しゅうたとジョッキ」ファンのみなさんにもよろしくお伝えください。
会ったことがない方が、そうしてしゅうたを愛してくださっていると思うと、すごく嬉しいです。
私も携帯の待ち受け他のしゅうたの写真はそのまま使い続けますよー!


パリスママさん>
昨日はありがとう!
ちょうどね、自分の書いたブログを確認しながら読んでいるところだったから、携帯に出た時点で半べそかいてたのよ。
そこに、パリスママの声を聞いたらもう一気に号泣モードでした。(TへT)

本当に、しゅうたとの出会いは偶然だったのか必然だったのか・・・。
でも、あのとき引き取り手がなくて保健所にでも連れて行かれたら、そこで終わった命だと思うと感慨深いものがあるわ。
きっと神様からしゅうたの命を預かったんだわね。
私もいろんなときに、しゅうたが傍にいてよかったと思うことがたくさんあった13年でした。
この思いでは本当に大事にしていくつもりよ。

そして、たまにパリスをかまいにいくからね。

reineさん>
ありがとうございます!
ブログにもしゅうたさまのこと書いていただいて・・・嬉しい。
上手いことなんていわなくても、気持ちは伝わりますよ!
本当にどうもありがとう!
私たちを引き合わせてくれた2猫が天猫になっちゃいましたね。
でも、ずーっとずーっと彼らのことは忘れないようにしようね!

正直、今は不思議なくらい気持ちが落ち着きました。
しゅうた様は、「そろそろ行くよ」っていうのを何気なく私に覚悟させていたように思うんですよ。
だから、2ヶ月弱という短い時間で病気になって旅立ったのかもしれないって。
実は、たまちゃんが亡くなった時に「しゅうたも老猫だから、本当にこれからのひと時ひと時をじっくり大事にしよう」ということでした。
だから、10歳を過ぎてここ数年は本当にいい時間を過ごせたと思います。
幸い身近に埋葬することができたので、いつもそばにいてくれる感じです。

これからもダイナマイトファンですからよろしくね!
ロイ君、マイルさんもよろしくねー!


えゐちさん>
どうしても、巨猫団には当日中に知らせたかったんですよー。
reineさんと私をつないだのがたまちゃんなら、巨猫のブログ仲間を仲介してくれたのがえゐちさんであり巨猫団なんです。
巨猫団の方々のブログは、読むだけの方も含めてたくさんあるんですよ。
みなさん個性的で楽しいかたばかり。
そんな世界を仲介してくれたえゐちさんには、本当に感謝してます。

えゐちさんも病院通いで亡くなったネコさんがいたんですよね。
幸いしゅうたは一日の入院だけでしたが、それが何日もだと考えるとえゐちさんのほうこそ気をもんで辛い時間を過ごしていたんだなと思いました。
目が届かないところにいる不安というのがあるんですね。

そうそう「団長の爪の鞘」みせていただきました。感謝感激です。
「ひまわり」のイメージを持っていていただいたなんて・・・嬉しい!
常々みんなの元気の元になりたいと思っていたので、明るい夏の花「ひまわり」をイメージしてくれたのは、本当に嬉しいです。
しゅうたは、そんな私のパワーのもとであり支えでした。それは今もかわりません。
もう、しゅうたと触れることはできませんが、一緒に過ごした13年は消えることはありません。

これからも巨猫好きとしてよろしくお願いします。
団長ばんざい!QOOさんばんざーい!


りぷりぷさん>
どうもありがとうございます。
私も、reineさんところでみているので正直はじめてという気がしません。
リプリー王子もです。(ロイ君と区別がいまいちついてませんが(^^;))
でも、どちらもイケニャンですから許してくださいね。

実は、一緒にいた猫が亡くなったときに、他の人の猫のブログをみたりするのは辛いんじゃないかと思っていました。
今は考えがかわりました。
ほかの元気なニャンコ達をみると、なんか元気づけられます。
そんなわけで、これからもリプリー王子に元気を分けてもらいにお邪魔します。
よろしくお願いしますね。

涙が止まらん・・・i-241
和さんにも、ネット仲間にも愛されて、しゅうたくんはとってもとっても幸せな猫生でしたよ!!!
立ち直るにはまだまだ時間が必要かと思いますが、ちょっとずつちょっとずつでもいいので、元気な和さんを取り戻して下さいね。

突然のことに…

唖然としてしまいましたv-399
数日前からの不調の記事は読ませていただいておりましたが、
そんなに悪いとは思わず、早く良くなるといいねぇ、と軽く考えていました。

しゅうたちゃんが旅立ってしまったなんて、どう考えても信じられませんv-388

13歳は、ネコにとっては充分な年月でしょうけれど、家ネコにとっては、まだまだ可能性のある年齢。
早すぎるさよならに、今は悲しみしか出ません。

しゅうたちゃん。いつかきっと帰ってきてね。

和さんも、それまで、少しゆっくりしてくださいね。

はじめまして。
いつもreineさんのとこでお見かけして、
なんだか知り合いのような気がしていました。

ご冥福を心よりお祈りいたします。
がんばったね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昨夜は、一段と康汰を甘やかしました。

生活環境を共にした者を失った知人は少なくはありませんが、いつの間にか、しゅうたは今の私の生活に縁のあった友人のようで、昨日の私は「友人」を失った気分でした。
ネットを介した「友人」は私の周りに話題を植えてくれました。
今朝は、社内の事務方に「虹の橋」の話をしました。
中には、まだ、「しゅうたとジョッキ」が携帯を飾っている子がいました。私がうれしい気持ちになりました。
上手く励ます言葉が見つかりませんが、
痛みから解放された「しゅうた」が、軽やかに虹の橋を渡られることを切に願いながら、しゅうた様のご冥福をお祈り申し上げます。

昨日、仕事が終わって携帯の着信メールを見てビックリしたよ
すぐに電話したら、泣きはらした様な鼻声で和さん電話出るから
励まそうと思ってかけたのに、声につまって泣いちゃったよ
動物と一緒に過ごす人、全てに訪れる別れだけど
家族同然なだけに喪失感は否めないよね
しゅうた君は、和さんに可愛がられてすっごく幸せだったと思うよ
子猫の時に、和さんに引きとられたのも、縁があったんだよね
この13年の間の、和さんに起きたさまざまな事をしゅうた君は
見てきたんだよねぇ~
寂しいけど、たぶん
しゅうた君は和さんの傍にいてくれると思うよ

しゅうた殿ありがとう。

和殿、お辛い中すぐにお知らせくださって本当にありがとう。携帯からメールを拝見しながら手が震えていました。
アタシも病院通いの末なくした猫がいるので、病院に預けながらの日々の気が気でなかった和殿の毎日に胸が痛みます。しゅうた殿も和殿も本当にかんばりました。
アタシにとってしゅうた殿と和殿のイメージはひまわりです。サイトからしゅうた殿のお写真を一枚いただき団長ブログに掲載させていただきました。しゅうた殿のご冥福心よりお祈り申し上げます。
しゅうたーーーー!ありがとーーーーー!!!

おやすみ。

……。
今日は何も書けないや。
年のせいかな。
涙が邪魔です。
また、出直すよ。

たくさんの幸せをありがとう、しゅうたサマ。

しゅうたサマ、いっぱいいっぱいがんばったね!
たくさんの幸せを本当にありがとう。
ワタシと和サンを引き合わせてくれたのは、しゅうたサマとたまちゃんでしたよね。
いつもキリッとした凛々しい横顔は、本当にイケニャンでした。
虹の橋でたまちゃんと仲良くしてあげてね。

和サン、お悔やみ申し上げます・・・
体調がすぐれないとのことで、いつも気になっていました。
しゅうたサマは和さんにたくさん愛されて幸せでしたよね。
離れてしまうことはとても寂しくて悲しいです・・・
わかっていることだけど、だけどどうしてこんなに悲しいんだろうって
本当に本当に辛いです・・・
これからもずっとワタシたちの中に、しゅうたサマは生き続けてくれると思います。
なんか上手なことがいえないよ。゚(゚´Д`゚)゚。

はじめまして

ネットサーフィンしていて今日のタイトルを見ました。
そのまま立ち去れず読ませていただきました。
「和の部屋」も拝見してきました。
涙が止まりませんでした。
お力落としのことと思いますが、時間が解決してくれると思います。

しゅうた様のご冥福をお祈り申し上げます。

一生懸命看病していたのに元気になれなかったのね。心からお悔やみ申し上げます。しゅうた君も和ちゃんにいっぱい、いっぱい感謝して旅立ちをしたと思うよ。何時までもしゅうた君を皆で忘れないでいようね!
和ちゃんも早く元気を取り戻してね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

和(かず)

  • Author:和(かず)
  • 和猫ワールドへようこそ.
    ジオパーク、火山、猫、テニス、グルメに写真.
    あちこちにアンテナ貼って、何にでも好奇心旺盛な和のブログです.
    今日も元気にいってみよう!

    似顔絵は似顔絵イラストメーカーさんを使いました.

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR

月別アーカイブ


無料カウンター

↓テニスブログはじめました!

コースをねらえ!

はる


2007年3月31日生まれ ♂(雄) 去勢済み
2007年10月20日 和家にやってきました。

天猫しゅうた


2006年7月しゅうたは天猫になって虹の向こうへ旅立ちました。
関連リンク
 大猫倶楽部
 さよなら、しゅうた様
 優しさの連鎖を


台東区のホテルの口コミ
トリップアドバイザー

和猫的モバイル好奇心(携帯百景)







里親募集中!


お買い物コーナー♪

はるっちご愛用の猫砂
トフカスおからの猫砂

玉屋えゐち

犬と猫と人とエコ
ぽこりこ生活

 招き猫商会



参加してます





    自然を愛する写真家


ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-