和とやんちゃ猫「はる」の日々のつらつら日記. 旅行,写真も大好きです. 天猫しゅうた様は心の友です!

 伊豆半島の一千万年を撮る!(後編) 

 
さて、午後は採石場めぐりです。


土屋採石場

地学好きのみなさん、この採石場の様子を見て興奮したはず。(笑)
さて、このさきにはどんな風景が待ち構えているのかしら。

この先の角を曲がってみると・・・




白鳥山溶岩岩頸

ドーン!

最近購入した魚眼レンズ使ってみました。
でないと、広くて画面におさまりませんでしたから。

ここ白鳥山は海底火山の根っこといわれる「溶岩岩頸(ようがんがんけい)」です。
マグマが地下から上がってくる時の通り道です。
それが冷え固まって柱状節理になりました。


溶岩岩頸

それにしてもさすがジオフォトツアーです。
この岩山を見た瞬間、みなさんわらわらと岩山に近づいて興味津々です。
中にはさっそく写真を撮り始める人も。
案内の白尾さんもスタッフの皆さんも「写真撮りたくなりますよね」と笑っておられました。

解説中

ここでは溶岩岩頸の話と撮影ポイントの話を。
全景を入れるか、または部分部分の面白さを切り取るか、色んなとり方があるとの説明をうけました。

白尾先生の案内のあと、採石場の方の話もきけました。
砕石は上の部分からしているそうです。
下からだと崩落しちゃいますもんね。
ここの石は細かくしてアスファルトにまぜてつかうそうです。

せっかくのこの風景ですから、山を全部削ってしまう前にこの風景は残して欲しいものですね。

(追記)
火山の会のAさんから、ここでの案内について面白い情報をいただきました。
「デイサイトについては角閃石の結晶が目立っていました。柱状節理が5角柱が多いなどと議論していましたね。この岩石と廃材であるアスファルトを50%ずつ混合して出荷しているようです。アスファルトを引き取るときに収入があるので資源の再利用(リサイクル)とで、一石二鳥だそうです。」


アスファルトに混ぜるとそんなお得なこともあったんですね。



流れるような柱状節理

最初の旭滝も柱状節理でしたが、ここのものはもっと一つ一つの節理が細かったです。
その特徴を生かして撮ってみました。

ザーッと音がしそうな、石の雨が降っているような感じがしませんか?
ちょうど雲っていましたが、もっと光が射して影がクッキリしている時も面白い絵が撮れそうです。



ところで、稼働中の採石場は見学するには許可が要りますのでご注意くださいね。


満足して次の見学地へ向います。

城山(じょうやま)

次の見学地の前に、ちょっとトイレ休憩。
狩野川記念公園に寄りました。

トイレの脇の土手からは狩野川と城山(じょうやま)がよく見えます。
これも火山岩頚です。
この城山は、フリークライミングなんかでも有名らしいです。
このときも、目の良い方が岩場にいるクライマーをみつけたそうですよ。


赤い採石場

そして本日最後の見学地「船原スコリア丘」。
ここは船原採石場です。
真っ赤な岩肌が迫力です。


スコリア丘の前で解説

スコリアというのは噴火で出てきた色の濃い軽石のことです。
白い軽石はパミスといいます。

崖の左側に黒い部分がありますね。
それも同じスコリアですが、空気に触れる時間が長かったためより酸化して黒っぽくなるとのことです。
熱々で出てきてあまり空気に触れないまま降り積もったものは、赤い色なんですって。
つまり、赤いスコリアがあるほうが火口に近いと考えられるわけです。

実際にこのスコリアを見ながら説明されると、みなさん「ほー」「なるほど」と納得していました。

(追記)
Aさんから赤と黒のスコリアについても追加の情報をいただきました。
「黒色スコリアは噴きだしたあと、飛行時間が長く、その間に空中で急冷した。酸素に触れ得る時間がないのに比べ、赤色は空中で火口に近いので高温が維持され、固まる前に水蒸気に触れて酸化(さび)してしまったのです。そのような説明でした。黒と赤は別な火口から来ているとのことです。」


そうそう、黒いところは別の火口からのものかもしれないというお話されてました。
色の違いについて、Aさんよく聞いておられましたね~。
なるほど感心です。


スコリア

砕石されたスコリアのアップ。
だいたい1~2㎝くらいでしょうか。

がさがさしていて多孔質(穴がたくさん空いている)なので、園芸用(水はけがよい)や庭のかざり(色がきれい)、玄関先などに防犯用(じゃりじゃり音がする)などにつかわれるそうです。



スコリア丘

積み上げた砕石。
これは人工的に積み上げたものですが、噴火でできるスコリア丘もこんなきれいな形の山をつくります。
くずれおちない安定した角度(安息角)になるんですね。



解散

このあと市役所に戻って解散。
お疲れ様でした。

今回はモニターツアーだったので参加費ゼロ。
でも、すごく楽しいツアーを体験することができました。
歩いて案内を聞くだけじゃなくて、実際に写真に撮ったりする時間を多くとってもらえたのはとてもよかったです。
普通のツアーで行くと、なかなか写真をとっている時間ってとれないんですよね。



富士山オムライス

日帰りの私は、このまま帰途につきました。
車で東京方面から来た人たちは、それぞれに宿をとったりして翌日ゆっくり帰るようでした。

足柄SAで、ちょっと早めの夕ごはん。
最後もジオでしめましたよ。
写真は「富士山オムライス」
お味も富士山級?


そして、恐怖の首都高はやはり危険な時間帯(土曜日の夜8時台)に通過。
しかも、ナビの調子が悪くて案内が途切れるトラブルにみまわれました。

同じ標識を2回見たのは気のせいではなかったかも。(笑)
都心環状線のラビリンスからなんとか脱出して向島線に乗れたときは、本当にホッとしましたよ。
おかげで、疲れて眠くなるどころかアドレナリン出まくりで目がランランしちゃいました。

家についたのは11時前。
はるっちに熱烈歓迎されました。

ジオフォトツアー、チャンスがあったらぜひまた参加してみたいもんです。


ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
22:52 |2012/02/01 | | コメント:8 トラックバック:0 | 火山・ジオツアー |TOP



コメント

きぐっちさん>
こんにちわ!コメントありがとうございます。
コメントは、タイミングによって「不正な書き込み」云々がでてきちゃうんです。
同じ投稿を間髪おかずに書き込んだって判断されるみたいで。問題ないのでご心配なく。

かなり充実したツアーでしたよ。
春先になったらボルケーノカフェか巡検かどちらかあると思うので、ぜひまたお会いしましょう♪
楽しみにしてまーす!

あれれ?

最初のコメント投稿は「不正な書き込みと判断されました」なんて出てしまったのでリトライしたのだけれど、ちゃんと投稿できてましたね(^_^;)

内容充実!

内容充実なツアーだったんですね。
採石場の柱状節理が繊細でステキ!
(また近いうちにお会いしたいですぅ)

ステキなツアーだったんですねー。
採石場の柱状節理、繊細でキレイ!!
(近いうちに、またお会いしたいですぅ。)

石丸徳馬さん>
いいこといいますねぇ。
そうなんです、自然はまさにアートです。
ビックリするような模様や形をみせてくれるんですよ。
ぜひ身近でもさがしてみてください。

オムライス、美味しかったよ~♪


おかみっちょんさん>
本当に充実したツアーでしたよ。
写真や地学が好きな人にはたまりませんのツアーです。

いやー、首都高はちょっと無謀かなと思ったけどやっぱり無謀でした。(笑)
快速おかみっちょん号が走ってたら、絶対あおられそうなスピードでしたよ。(^^;)
実は、私が行き過ぎちゃったのも箱崎。
あの看板を2回みたことはナイショの方向で・・・。(爆)

すごい!!!
自然そのものがアートですね!!!
すごく綺麗だし壮大!!!
そして
富士山オムライス!!!
おいしそう~☆

遠乗りジオツアー お疲れ様でした~。
すごい充実したツアーのようで
あまり地面に興味がないワタシも へぇー とか ほぉー とか読んでしまった。
それにしてもよく一人で頑張って往復したねー。
首都高はワタシもやっぱり怖い。巾も狭いしカーブも多いからねぇ。
ここはやっぱり慣れよね。
箱崎でぐるぐる廻って出れなくなったこともあったし。。。
富士山オムライス めっちゃウマそうじゃ!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

和(かず)

  • Author:和(かず)
  • 和猫ワールドへようこそ.
    ジオパーク、火山、猫、テニス、グルメに写真.
    あちこちにアンテナ貼って、何にでも好奇心旺盛な和のブログです.
    今日も元気にいってみよう!

    似顔絵は似顔絵イラストメーカーさんを使いました.

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR

月別アーカイブ


無料カウンター

↓テニスブログはじめました!

コースをねらえ!

はる


2007年3月31日生まれ ♂(雄) 去勢済み
2007年10月20日 和家にやってきました。

天猫しゅうた


2006年7月しゅうたは天猫になって虹の向こうへ旅立ちました。
関連リンク
 大猫倶楽部
 さよなら、しゅうた様
 優しさの連鎖を


台東区のホテルの口コミ
トリップアドバイザー

和猫的モバイル好奇心(携帯百景)







里親募集中!


お買い物コーナー♪

はるっちご愛用の猫砂
トフカスおからの猫砂

玉屋えゐち

犬と猫と人とエコ
ぽこりこ生活

 招き猫商会



参加してます





    自然を愛する写真家


ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-