和とやんちゃ猫「はる」の日々のつらつら日記. 旅行,写真も大好きです. 天猫しゅうた様は心の友です!

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |--/--/-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


 伊豆半島の一千万年を撮る!(前編) 

 
さてさて毎週週末はお出掛けとなっている今月。
今回はちょっと遠出です。

伊豆半島ジオパーク構想さんが企画した「伊豆半島ジオフォトツアー:伊豆半島の1000万年を撮る」に参加してきました。

伊豆半島ジオパーク構想のHP


自宅を3時半にジムニーで出発。
常磐道と東名はなんとかなりそう。
問題は首都高。

実はワタクシ、1人で首都高を走ったことないんです。

カーナビの先導があったけど、早朝(夜明け前)の首都高は普通の高速道路並みにビュンビュン車が走っていてこわかった~!

眠くなるどころか、アドレナリン出まくりな感じでなんとか無事首都高脱出。
一番最初のサービスエリア(海老名)で朝食休憩をとりました。
その時まだ6時です。

うどんを食べてお腹が一杯になったら、緊張がゆるんだせいもあって眠くなってきました。
時間に余裕もあるし、ここで20分程仮眠をとって7時に海老名を出発。

天気もいいし、どんどん近くなる富士山に興奮しながら次の足柄サービスエリアでまたまた休憩。

富士山

2階の展望スペースからは、富士山が目の前に見えます。
ここで本日の昼食を調達していくことにしていました。
サービスエリアについてすぐに、友人Nちゃんからメールが。

「伊豆に行くっていってたよね?地震大丈夫?」

へ?私が行くと地震が起こるって事?
と思ったら、サービスエリアに着く少し前に、富士五湖周辺を震源とした地震があったらしいです。
サービスエリア内でも「ただ今の地震による点検が終了しました。異常はありません。」との館内放送が。

えー!そんな放送するほどの地震だったのね。
でも、大きな被害が無くてよかったです。


そんなこんなで朝から(1人で)大騒ぎしながらも、無事に集合場所の伊豆市役所に到着。
実は、火山の会などで顔見知りの方が多数参加されていました。
今回案内してくださる写真家の白尾さんも、アメリカ西部の巡検(グランドキャニオン、サンフランシスコ等)で案内していただいたことがあるんです。
気さくで、とても素敵なかたですよ♪
地質の専門家の中にも、その素晴らしい写真とお人柄からファンが多いようです。


案内開始
看板の前で解説する白尾さん

今回の参加者は40名。募集定員いっぱいで満員御礼というところですね。
地震の影響で電車が遅れていて、そのため数人の方があとから合流することになりました。

最初の見学地は旭滝。
地元ではマイナーな滝だそうです。


旭滝

この滝、なんと柱状節理でできてます!
この地が海底火山だったときの名残ですって。
柱状節理といったら、山陰海岸ジオパークの玄武洞(玄さんで有名(笑))や福井の東尋坊が有名ですね。


滝の表面

普通「柱状節理」というと、柱状のものがたくさん並んでいるんですが、この滝の表面はその断面(六角形や五角形)がびっしり並んでいるんです。
ちょっと変わってますよね。
その断面にそって水が流れていく様子はなかなか面白いです。

滝の表面の状態によって、滝の趣ってだいぶちがってくるんですね。
同じ海底火山の名残である袋田の滝(茨城県北ジオパーク)の表面は、こういった柱状節理ではなくて「水中自破砕溶岩」というゴツゴツした礫がいっぱいあります。
そのため、白く細かな流れになるんです。

そんな違いを感じるのも、ジオツアーの面白ところですね。

滝を作っている柱状節理の断面

滝の斜面を作っている岩が割れたものです。
鉱物の一つ一つはあまり大きな結晶になっていません。

(追記)
ご一緒した火山の会のAさんから情報をいただきました。
黒い粒々は「黒緑短柱状なので単斜輝石だと思います。」とのことで、黒雲母ではないそうです。


蝋梅

滝からバスまで戻る途中に、「大平神社」という神社がありました。
その鳥居の正面には蝋梅(ろうばい)がさいてました。
しかしこの蝋梅、高さが優に2mはあろうかというもの。
香りはそんなにしませんでしたが、これをみると春が近いかなと感じます。


バスで移動し、白下岩へ。

下白岩

この辺は、海に積った火山灰の地層(白色凝灰岩質砂岩)でできています。
ここからはレピドシクリナという大型有孔虫の化石がでるそうです。
有孔虫というのは「主として石灰質の殻(test)と網状仮足を持つアメーバ様原生生物の一群である。(ウィキペディアより)」です。
一般的には顕微鏡でみないと見えないような小さな生物ですが、ここのものは肉眼でみえるんですね。
大型といっても1cmに満たない(5mm前後)ものですが、こうして目でみて探し出せるとなんだか宝探しみたいでついつい夢中で探しちゃいます。


レピドシクリナ(大型有孔虫)

案外すぐにみつけられました。
Gパンの上に載せて接写(顕微鏡モード)しました。
左の半円形の物体は私の人差し指の爪先です。
レピドシクリナがいかに小さいかわかりますか?

(追記)
更にAさんから情報いただいてます。
「有孔虫はだいたいこのサイズでレピドシクリナだけが肉眼で見えるわけではないです。横からアップしてみてドラ焼のように見えます。円盤状と表現した方がいいと思います。」


Aさん、ありがとうございます!
そういえば、看板に描いてあったのも円盤状でしたね。


お握りと金太郎メロンパン

そしてお昼ご飯。
あれこれ夢中で見学したのでお腹はぺこぺこです。
大見の郷「季多楽」というグリーンツーリズムの拠点である直販所の会議室でランチ休憩です。

私は足柄SAで買ってきた鶏飯おにぎりと、足柄SA限定品の「金太郎メロンパン」。
メロンパンは可愛いけど、お味はそこそこ。(笑)

この直販所では名物のわさび漬けをお土産に買いました。
家でフタを開けたら、ワサビのいい香りがして美味しかったです♪

ちょっと雪がちらついてきましたが、お腹も一杯になったし午後のコースへ張り切っていきましょう!


(後半へつづく)

ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
21:52 |2012/01/30 | | コメント:1 トラックバック:0 | 火山・ジオツアー |TOP



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

和(かず)

  • Author:和(かず)
  • 和猫ワールドへようこそ.
    ジオパーク、火山、猫、テニス、グルメに写真.
    あちこちにアンテナ貼って、何にでも好奇心旺盛な和のブログです.
    今日も元気にいってみよう!

    似顔絵は似顔絵イラストメーカーさんを使いました.

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR

月別アーカイブ


無料カウンター

↓テニスブログはじめました!

コースをねらえ!

はる


2007年3月31日生まれ ♂(雄) 去勢済み
2007年10月20日 和家にやってきました。

天猫しゅうた


2006年7月しゅうたは天猫になって虹の向こうへ旅立ちました。
関連リンク
 大猫倶楽部
 さよなら、しゅうた様
 優しさの連鎖を


台東区のホテルの口コミ
トリップアドバイザー

和猫的モバイル好奇心(携帯百景)







里親募集中!


お買い物コーナー♪

はるっちご愛用の猫砂
トフカスおからの猫砂

玉屋えゐち

犬と猫と人とエコ
ぽこりこ生活

 招き猫商会



参加してます





    自然を愛する写真家


ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。