和とやんちゃ猫「はる」の日々のつらつら日記. 旅行,写真も大好きです. 天猫しゅうた様は心の友です!

 雨の野外観察会(平磯・大洗) 

 
10月15日(土)は阿字ヶ浦から大洗にかけて野外観察会があるというので参加してみました。
アウトドア大好きのHさんも山歩き大好きのお母様を誘って参加してくれました!


天気予報ではずっとこの日は雨の予報がでていたので、それだけが心配でした。
だって、海辺での観察会ですから。

案の定朝から雨が降ったり弱まったりな感じでした。

旗

集合場所は水戸二高。
実は水戸二高はスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている学校なんです。
地学教育にも力をいれてますよ~。
そんなわけで、参加者の半分弱は二高生です。引率の先生もついてました。


参加者は50名ほど。
大型バス2台に分乗して出発です。
私達一般参加者は2号車に。茨城大学の安藤先生がバスの中でも平磯までの地形について車窓をみながら開設してくださいました。


最初の観察場所は阿字ヶ浦海岸。
ここでは露頭(崖)と砂浜の2箇所を二手に分かれて見学しました。

阿字ヶ浦海岸の崖

阿字ヶ浦海岸西側にある露頭です。
ここでは新第三紀の磯崎層と第四紀の見和層がみられます。
雨が降りしきる中での観察ですので、がけ下には傘の花がみごとに咲いていますね。(笑)


このあとは砂浜に戻って阿字ヶ浦から東海にかけては砂丘が多いという話を聞きました。
夏に行われるロックフェスで有名な「国営 ひたち海浜公園」も、もともとはその砂丘を利用した射爆場(米軍の)だったのは、地元ではわりと知られている話です。

バスに乗って

さて、バスに戻って次のポイントへ移動です。

本当なら、この先の磯崎あたりから海岸線を歩いて観察するんでしょうけれど、あまりの雨でバス内での観察のみの場所もありました。
磯崎灯台下にみられる磯合層では傾いた岩礁の傾斜を、クリノメーターで実際に測ってみる予定でしたが、雨のためバスの中でクリノメーターの使い方を教わり、仮想で計測しました。
クリノメーターっていうのは、地層の傾斜(傾き)や走向(どちらを向いているか)を測る装置です。
使い方を教わる機会ってなかなかないので面白かったですよ。


そのあたりから、陸側の斜面にハマギクが咲いているのがみられるようになりました。

ハマギク

可憐でしょ。

実は植物はあまり詳しくないんですが、8月のジオパーク認定調査の時に調べたんです。
ひたちなか市の花にもなっているんです。
日本特有の花で、一属一種、つまりこれだけという特別な種類の植物なんです。
しかも、その南限がこのあたりだといわれているんです。

ちょうど9月~10月に花期をむかえるので、こんな写真が撮れました。


そのハマギクが咲いていたあたりの露頭です。

磯崎の未固結露頭

ここは、12.5万年前に浅い海だった場所なんです。
そこに、砂と礫が水平に堆積していったんですね。まだ硬い岩になるほどではなく、固まりきっていない(未固結の)地層として堆積しています。
一番上のこげ茶色の部分は関東ローム層です。


清浄石や磯合層の逆転層は、雨足が強まったのでバスの中での観察と解説のみでした。

化石の話もでましたが、実際に海岸に降りられなかったし雨がかなり降っていたので、大洗のフェリーターミナルで化石をみながら昼食をとることになりました。
天気が悪そうなので、前もって話をとおしておいてくれたようです。さすがですね!


大洗ターミナルにて

雨に濡れずに広い場所が確保できるので、茨城大学の学生さん達が化石ののお店をひろげてくれました。(笑)

アンモナイト

子供達も大人も興味津々です。
ホタテガイやカニの化石、目玉は白亜紀の平磯層からでた翼竜の骨と異常巻きアンモナイトです。
異常巻きというのは、本当は異常というわけではなくて、渦巻きキャンディみたいなクルクルした形が崩れているもののことです。
同じ形がたくさんでるので、もしかしたらその形がこの場所の環境には適しているのかもしれません。
そのために「異常巻きは異常ではない」というわけなんですね。
白亜紀後期になると、いろんなタイプの異常巻きアンモナイトがみられます。


お昼ごはんと化石を堪能して、午後は本日のメインイベント?大洗海岸での化石探しです。

大洗の灯台にて

灯台周辺の海岸でハンマー片手に貝殻化石を探します。
といっても、ここは県立大洗自然公園の一角。
転石(打ち上げられていたり転がっている石)はハンマー使ってもいいですが、岩盤にハンマーをふるうのはNGですのでご注意ください。


タービダイト

タービダイトの痕跡をみせてくれた岩。
黒い部分の上の白い帯の部分が混濁流らしいです。
粒の粗いものから順に堆積するので、シマシマの模様になるんですね。
ここにその時間経過が記録されてるとおもったら、なんか感動しました!

貝化石

やっとこみつけた貝殻化石入りの砂岩。


貝化石

こちらは学生さんが発見した貝殻化石びっしりの砂岩。



貝化石

こちらも学生さんが発見した大き目の貝の化石入りの砂岩。


海岸の礫はいろんな種類がありました。
砂岩、泥岩、チャートの他にも火山岩(スコリア)なんかがあり、あちこちから流されてきたのかな?と想像がふくらみました。


今回は野外観察会ということもあり、ちょっと専門的なお話が多かったです。
インタープリターとして勉強したかったのでいい経験になりましたが、はじめて参加される方や地学にあまりなじみがない方はちょっとびっくりなこともあったかと思います。

こんな観察会と一般的な観光の間を取り持てるようなジオツアーの案内ができるようになりたいものだとおもいました。

       

そうそう、Hさんとは「今度は春の大潮の頃に来て、アンモナイトみつけよう!」と固く誓いあいました!
まってろよ、ディディモセラス・アワジエンゼ!



ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


23:11 |2011/10/17 | | コメント:6 トラックバック:0 | 火山・ジオツアー |TOP



コメント

てにままさん>

てにままさんも、ぜひ大洗で探してご主人とオソロに!(笑)

>珪化木

MYだんな様の数珠が、、まさにソレですよ!

石丸徳馬さん>
普通の巻き方じゃないから、異常巻きっていうのかな?
化石を探している時だけ雨がやんでてよかったです。
やっぱりみんなの熱意のせいかしら?
子供から大人まで、かなり真剣に探してましたよ。
だって、宝探しみたいで楽しいんですもん!


てにままさん>
男の子は化石や恐竜好きな子が多いですもんね。
レプリカだって立派なのがありますからね。
カニの化石は現世のものに形がにているので、なかなか面白いですよ。
あと、珪化木といって樹の化石なんかもみつかるんです。
海岸の化石探しはホント楽しいですよ♪


おかみっちょんさん>
なるほど、呪文っぽいですな。(笑)
渦巻きウ〇コみたいなのや、二つ折りニョローンなのや、野球ボールの縫い目だけみたいのもあるんですよ。
こんなのがみつかったら、まためまいしちゃうかも!(>_<)

異常巻きって、誰かが言ったから、受け継がれてるのかな~
すごいですね~化石!!!!
雨、ふつてなかったら
もっと良かったですね~☆
いいなぁ~すごいなぁ~
自分で化石を探すって
いいですよね~

我が家にもテニ息子が買い求めたアンモナイトの化石がありますよ^^
グルグルと巻いているのがアンモナイトだと思っていました。
色々な形があるのですねぇ~(@_@;)

何かの呪文かと思って調べてしまったよ。
『ディディモセラス・アワジエンゼ』。
見ればまるで渦巻きウンコではないか!
こんなカタチの生き物がおったとは、はるか昔は未来のように不思議だ。
和さんがこれをいつか発見して新聞に載る日が来ることを祈ります~(>▽<)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

和(かず)

  • Author:和(かず)
  • 和猫ワールドへようこそ.
    ジオパーク、火山、猫、テニス、グルメに写真.
    あちこちにアンテナ貼って、何にでも好奇心旺盛な和のブログです.
    今日も元気にいってみよう!

    似顔絵は似顔絵イラストメーカーさんを使いました.

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

月別アーカイブ


無料カウンター

↓テニスブログはじめました!

コースをねらえ!

はる


2007年3月31日生まれ ♂(雄) 去勢済み
2007年10月20日 和家にやってきました。

天猫しゅうた


2006年7月しゅうたは天猫になって虹の向こうへ旅立ちました。
関連リンク
 大猫倶楽部
 さよなら、しゅうた様
 優しさの連鎖を


台東区のホテルの口コミ
トリップアドバイザー

和猫的モバイル好奇心(携帯百景)







里親募集中!


お買い物コーナー♪

はるっちご愛用の猫砂
トフカスおからの猫砂

玉屋えゐち

犬と猫と人とエコ
ぽこりこ生活

 招き猫商会



参加してます





    自然を愛する写真家


ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-