和とやんちゃ猫「はる」の日々のつらつら日記. 旅行,写真も大好きです. 天猫しゅうた様は心の友です!

 見て聞いて触ってみよう! 

 
今日は1人でお出掛けです。
現地につくと、まず出迎えてくれたのはこのお方。

常陸山

茨城県出身の力士「常陸山」です。
角聖とも呼ばれた偉大な力士だそうですが、申し訳ないことにほとんど知りませんでした。
こんな偉大な力士がいたんですねぇ。

その力士が迎えてくれたここは「水戸武道館」。

なぜここにきたかというと・・・
 
 
実はここで「地質情報展」が9月10日~11日2日間行われました。
(相撲イベントじゃないんです。(^^;))

主催は産業技術総合研究所 地質調査総合センター、一般社団法人 日本地質学会、茨城大学です。
武道館は茨城大学のすぐそばにあり、そちらでは「日本地質学会」が開催されていました。
興味深い講演会などもあったみたいですね。

私は情報展のほうだけいってみました。

会場1

広い会場をついたてで仕切ってそこにポスターを展示したりしてあります。


会場2

展示はポスターだけではなく、床に3Dの日本地図が張られていて赤と青の3D用メガネをかけてみると、日本や近海の凹凸がよくみえます。

学生さん達も興味深そうにみてますね。

ここの解説は産総研のWさん。
ジオパーク関係やネットでお世話になってます。
気さくに色々教えてくださる方ですよ。


ポスターはみなさんなかなか力作が多かったです。

ポスター

ジオパークに関連して「地質情報活用プロジェクト」さんのポスターを見ると、なんと「優秀ポスター賞」受賞してました!
発表用のポスター作るのも大変ですから、これは嬉しかったでしょうね。


会場内では、ジオパークでお世話になっているH先生とお会いしました。
学生さんや一般のお客さんに色々解説されていましたが、その合い間に県内の震災被害のポスターの解説をしてくださいました。
震災では思いがけないことで、被害を大きくしてしまうことがあるのと、やっぱりあちこちで停電していたことが防げた事態を防げなくしていたんだなと思いました。
H先生、ありがとうございます。


さらにその近くのブースで「和猫さん」と声をかけられ振り返ると、なんと火山の会のOさんが!
キッチン火山の実験スタッフできていたそうです。

小麦粉火山噴火


小麦粉を使って噴火の様子を再現した実験をされていました。
こちらは、別のスタッフの方が噴火させてくれてます。



噴煙は、最初に火山弾が放物線を描いて周辺に飛び散り、火山灰は上空へ。そして後からおちてくるのがよくわかります。


下の写真は火口にジョウゴで水をいれ、スパッター(しぶき)を飛ばす噴火をする準備中です。

噴火を待つ人々

みなさん、興味津々でみてますね。


こちらは偏光顕微鏡で岩石を見せるコーナー。

顕微鏡で岩石観察

お子さんもお父さんも熱心にのぞきこんでました。


その近くで展示されていた化石チョコ。

化石チョコレート

型さえ作れば、平磯の異常巻きアンモナイト(アワジエンゼ)も作れそう!
アンモナイト最中でもいいなぁ。


私が一番興味を魅かれたのがこのコーナー。

ジオトーイ

タービダイト・ステッキ

海底で起こった地すべりなどの現象とその結果どんな構造ができるのかを再現できます。
たまたまみていたら、タービダイトだけでなくクロスラミナ(斜交葉理)と思われる模様も現れました。
平磯サイトでやったら面白そうです。


こちらは同じブースでやっていた液状化実験。
細いステッキでもできるそうですが、太いものでやるとより実際の現象に近いそうです。
映像が始まったのと同時に、ステッキの上をゴム木槌でコン!と一度大きく叩きます。
すると、数秒後に・・・




数秒の時差があってから液状化が。
噴砂もみられますね。


会場では平磯を案内する時にお世話になった茨城大学のSさんなどとも会いました。
知ってる方とお会いすると、なんだか嬉しいですね。

それに、どのブースでも熱心に解説してくれたのがとても印象的でした。
これだけの展示と解説してもらえるなんて予想してませんでした。

帰り際に駐車場で私のそばを歩いていった親子(子供は小学生か中学生)の子供の方が「面白かったね。これって毎年やってるのかな?」と話しているのを耳にしました。
こういうイベントは、どんどん開催して日本人の理科離れを防がないと。
とにかく、見て聞いて触ることができるのは、子供ならず大人も楽しかったですもん。

面白くて2時間あっという間に過ぎてました!
みなさんも近くでこういうイベントがあったらぜひ見に行ってください。
そして、理科を思いっきり楽しんじゃいましょう♪


ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
23:26 |2011/09/11 | | コメント:4 トラックバック:0 | 自然・科学 |TOP



コメント

てにままさん>
釧路大地震のときって、確か釧路空港の天井が落ちたり被害が大きかったですよね。
この時はたしか、液状化とフロッシング(石油タンクなどが揺れであふれ出す現象)がみられたんじゃなかったかな?

こうして考えると、日本って本当に地震が多いですよね。
実はここ数日も震度3や4の地震が多くなってます。
連休中も注意しないとですね!

石丸徳馬さん>
面白かったです。あちこちに「でん〇ろう先生」が!(笑)
何億年も前におこったと思われることを、目の前で再現できる面白さがありましたよ。
今、ジオが面白いですよ♪

液状化という言葉を初めて聞いたのは
1993年釧路沖大地震のときでした。
釧路は湿原の泥炭地の上に建っている家が多く、
都市的には被害が大きかったけれど
死者は少なかったと記憶しています。

てにままは既に結婚して愛知にいましたけれどね^^

北海道は地震が多くて、震度3では誰も騒ぎません(爆)
先日の浦河の地震のときには実母は気がつかなかったと言ってましたし^_^;



うわぁぁぁー
いや、本当におもろしろそうですねっっっ
地上だけでなく
海の中の地面も見えるなんて
知りたい知りたい!!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

和(かず)

  • Author:和(かず)
  • 和猫ワールドへようこそ.
    ジオパーク、火山、猫、テニス、グルメに写真.
    あちこちにアンテナ貼って、何にでも好奇心旺盛な和のブログです.
    今日も元気にいってみよう!

    似顔絵は似顔絵イラストメーカーさんを使いました.

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

月別アーカイブ


無料カウンター

↓テニスブログはじめました!

コースをねらえ!

はる


2007年3月31日生まれ ♂(雄) 去勢済み
2007年10月20日 和家にやってきました。

天猫しゅうた


2006年7月しゅうたは天猫になって虹の向こうへ旅立ちました。
関連リンク
 大猫倶楽部
 さよなら、しゅうた様
 優しさの連鎖を


台東区のホテルの口コミ
トリップアドバイザー

和猫的モバイル好奇心(携帯百景)







里親募集中!


お買い物コーナー♪

はるっちご愛用の猫砂
トフカスおからの猫砂

玉屋えゐち

犬と猫と人とエコ
ぽこりこ生活

 招き猫商会



参加してます





    自然を愛する写真家


ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-