和とやんちゃ猫「はる」の日々のつらつら日記. 旅行,写真も大好きです. 天猫しゅうた様は心の友です!

 うなぎの話 

グリムスキーワード 熱帯雨林
みなさん、うなぎの卵が発見されたニュースご覧になりましたか?

東京大学大気海洋研究所のページへ

うなぎなんて浜名湖あたりで養殖されてるのに、何をいまさら・・・?と思った
方も多いのでは?
実は浜名湖のウナギは卵じゃなくて稚魚を買い入れて育てているんですね。
21世紀の現在でも、うなぎの産卵はナゾのままだったんです。


ところでワタクシ、うなぎの生態の話題が出ると思い出す本があります。



「長鼻くんといううなぎの話」

すごい!こんな高値がついているんですね!

同世代の方の中には聞き覚えがある人もいるかな?
たぶん、小学生のときの課題図書だったような・・・??
ハードカバーで、表紙のデザインがなかなか素敵だったのを覚えてます。
大好きな本で何度も読み返したんですが、内容はうろ覚え。
うーん、歳のせいかしら~?

長鼻くんといううなぎが冒険しながら一生を終えるまでの話だったと思うんです
よね。

たぶん冒頭部分だと思うんですが

「ぼくはサルガッソー海で生まれた。」

というような記述がありました。
水草だったか藻が生い茂っていて暖かで気持ちがいいという描写があったように
記憶してます。
サルガッソー海はいわゆるバミューダトライアングルのあたりで、海藻が茂って
いて帆船時代にはよく船が難破した魔の海域ですよ!
子供心に「うなぎってすごいところで生まれるんだな~」と思ったもんです。

今回うなぎの卵が発見されたのはマリアナ諸島だそうです。
うなぎにはいくつか種類があるので、ニホンウナギはマリアナ諸島生まれでも、他のうなぎはサルガッソー出身のものもいるかもしれませんね。


そんな遠くからやってくるうなぎ。
これからはうな丼食べるとき、心して味わわないとね!


ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
20:08 |2011/02/02 | | コメント:5 トラックバック:0 | 自然・科学 |TOP



コメント

てにままさん>
いろんな生物(植物含む)の純血種を維持するのって大変ですね。
てにままさん、大名古屋帝国の食文化維持のために、ぜひ「モチナ」の栽培継続を!!

うなぎの完全養殖は、産卵の謎を完全に解明しないと。
さらにその条件をを復元できるかにもかかってますね。
研究者の方は、まだまだこれからが勝負ですね!


きたねこさん>
うなぎの稚魚なんて本当に小さいですよね。
それが何年もかけて日本にやってくるなんて!
まさに生命の神秘です。

この本、物語形式になっているので、自分も長鼻くんになった気分で冒険を楽しめたように記憶してます。
小学生の好奇心鷲づかみでしたよ♪

Gaviさんのコメントで思い出したのですが
愛知の雑煮は『モチナ』という小松菜に似た葉物を使います。
でも、このモチナが今では希少価値!
スーパーでモチナと称しているものは全て小松菜なんですよ!
我が家ではお婆さんが何十年来と種から育てているのです。
正に純血種(笑)
てにままが後を継いで、育てられるか心配してます。

鰻、卵から育てられると『完全養殖』とニュースでやってましたが、
産卵させて育てるのでなければ完全とはいえないのでは?と思っちゃいました^_^;

ニュース見ました!
そんなに遠くからやってくるとは改めてオドロキですよね。
ウナギさんは昔からよくわからない生態のイキモノと言われてますよね。
スルリと修羅場をすり抜けるその方法もぜひ解明させ、
ワタシ達に教えて欲しい(笑)
本は知らないのですが、小さい和さんが何度も
読んで夢を膨らませた思い出の書籍なのですね(´∀`)

Gaviちゃん>
絵本じゃなくて児童文学になるのかな。
冒険の中にさりげなくうなぎの生態なんかも盛り込んであって面白かったよ。

将来的には、うなぎも卵からの養殖を目指しているみたいね。
でも、その卵や産卵場所がナゾだったから結局毎回稚魚を入手しないといけなかったんだね。
40年近くこの研究に携わってきた先生も、地道に探してきたかいがあったよね!

絵本なのかにゃあ?
うなぎさん大冒険だよね!
鮭さんもそうだけど、戻ってきてうれしくなるような環境だといいね。
・・・違うお話になっちゃうけど・・・鶏さんもお野菜も今そうみたいだけど、次の世代・・・子や卵を孵したり種をとって次の世代、また次の世代・・・って続けていけるような畜産や農業がいいなぁ・・・
種や苗、雛を都度都度買って食べるだけってなんか悲しくなっちゃうよ・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

和(かず)

  • Author:和(かず)
  • 和猫ワールドへようこそ.
    ジオパーク、火山、猫、テニス、グルメに写真.
    あちこちにアンテナ貼って、何にでも好奇心旺盛な和のブログです.
    今日も元気にいってみよう!

    似顔絵は似顔絵イラストメーカーさんを使いました.

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR

月別アーカイブ


無料カウンター

↓テニスブログはじめました!

コースをねらえ!

はる


2007年3月31日生まれ ♂(雄) 去勢済み
2007年10月20日 和家にやってきました。

天猫しゅうた


2006年7月しゅうたは天猫になって虹の向こうへ旅立ちました。
関連リンク
 大猫倶楽部
 さよなら、しゅうた様
 優しさの連鎖を


台東区のホテルの口コミ
トリップアドバイザー

和猫的モバイル好奇心(携帯百景)







里親募集中!


お買い物コーナー♪

はるっちご愛用の猫砂
トフカスおからの猫砂

玉屋えゐち

犬と猫と人とエコ
ぽこりこ生活

 招き猫商会



参加してます





    自然を愛する写真家


ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-