和とやんちゃ猫「はる」の日々のつらつら日記. 旅行,写真も大好きです. 天猫しゅうた様は心の友です!

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |--/--/-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


 茨城県北ジオパーク構想を、よろしく! 

 
日本ジオパークへの審査当日。

審査の先生方(3名)と天野先生、解説者数名は、勝田駅から「ひたちなか海浜鉄道」(通称:みなと線)に乗って移動です。
わたしたちはバスで平磯駅に先回り。


電車が発車する時間より大分前にでたので、電車がつくまでちょっと時間がありました。
駅の様子を撮影したりして到着を待ちます。

駅の案内板

ここの案内板も素敵ですね。
平磯はクジラの大ちゃんとパラボナアンテナ。
磯崎は乾燥芋でしょうか。殿山はハマギクかな。


やがて電車が到着。
前についていると思い込んでいた「茨城県北ジオパーク構想」の特大シールは、なんと後部についていました。(笑)

ジオ鉄

おおっ!かっちょいい!
本当は勝田駅でこれの前で記念撮影したかった~!


車窓にもシール貼ってありました。

窓にも

これは間違いなく、昨日偶然撮影した車両のシールですね。(^^;)


一向はバスに乗り換え平磯海岸近くの清浄石へ。
ここには大洗県立自然公園のエリア内でもあります。

ここで案内板を利用しながら県北ジオパークの概要と茨城の自然、あとは平磯ジオサイトの説明です。
ここは不肖ワタクシが解説させていただきました。


正直言って、今回の中では一番ヘタクソなインタープリターです。
NHKや新聞社のかたもきていたみたいですが、雨もザーザー降っていたしできれば他の場所で取材してくれてもよかったと思うんですが・・・。

解説中はもう、いっぱいいっぱいで取材の人を気にする余裕もありませんでした。
唯一良かったと思ったのは、写真をラミネート加工して持っていったこと。
これは雨の中でも見せて解説することができましたからね。
反省点はたくさんありますが、やっぱり真剣にダイエットしようというのが一番。(爆)


お昼はひたちなか商工会が開発した「みなとの多幸めし」。
美味しいタコや海産物が所狭しと乗ったお弁当でした。
私は緊張で食べられそうに無かったので、駅でサンドイッチとアンパンを調達していました。
アンパンは勝田アンパンといって、「勝」の文字の焼印入りです。
縁起がよさそうでしょ。

乾燥芋の話

阿字ヶ浦から東海村への道のりでは砂丘の話もでました。
今道路や臨港施設を作っているあたりで、露頭が見える場所があってなかなか面白いです。
このあと、写真の「てるぬまかついち商店」さんの干し芋工場へ。

長く続いている由緒正しき干し芋農家(^^)です。
ここではなぜこの地域の干し芋が美味しいのか、この地域でしか干し芋がつくられないのかを、地的な観点から解説していただきました。
食べ物とジオの関係は、切っても切れないなと思いましたよ~。


東海村から日立市に移動し、神峰公園で5億年前の花崗岩を日鉱大雄院事務所前で煙突群と日立鉱山を紹介しました。
ほとんどは日立市郷土博物館の田切先生が案内してくれました。さすがに的確な案内で、早くあんなふうに流暢に解説できるようになりたいと感心しました。
わたしは煙害と桜の話から日立の桜が咲いている写真と、モーター最中と扇風機最中の話をしました。
難しい話は専門家に、なので少し柔らかい話にしてみました。


わたしはここでバスを降り、案内終了。
審査員の先生方と他の関係者はそのままバスで高萩市、北茨城市とまわって五浦海岸周辺をみたあと五浦で一泊。
翌日袋田の滝と竜神峡をみて審査終了です。

インタープリター(案内人)も茨城大学の学生さんもみんな一生懸命準備して案内されてました。
わたしは、はじめての本格的な案内(前の時はごく一部分の案内だったので)でかなり緊張しましたが、少し自分がやりたい方向が具体的にわかってきたように思います。
今回の反省を踏まえて、次はさらに楽しい案内ができるようにしなくちゃね。

とりあえず、審査が通って「日本ジオパーク」として認定されますように!


ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
スポンサーサイト
21:17 |2011/08/27 | | コメント:6 トラックバック:0 | 火山・ジオツアー |TOP


 電車へGO 

 
8月22日、23日は茨城県北ジオパークの審査日でした。
日本ジオパークに認定できるかどうかの審査です。


今月になってからその準備で、何度か阿字ヶ浦~那珂湊に行ってきました。
審査直前の21日に、那珂湊駅の写真展を見に行った時の報告です。


旧那珂湊のマンホール

現在ひたちなか市になっていますが、かつては那珂湊市と勝田市のふたつでした。
その那珂湊市のマンホールを、那珂湊駅近くで発見!

開門橋と朝日とハマギクが描かれていました。
ハマギクは、現在のひたちなか市の花でもあります。
そして、ひたちなか市の周辺が生息の南限です。


写真展は駅構内に停めてある電車の中でやってます。

那珂湊線

看板の黒猫は、那珂湊駅のおさむ駅長。
この日は寒かったせいか店長は駅員室にいたみたいです。
お姿は外に出る一瞬だけちらっとみえました。


写真展の看板

湊線の写真だけでなく、今回被災した地方鉄道のかつての姿の写真がたくさん展示即売してありました。
みなさん、力作揃いでしたよ!




写真以上に気に入ったのがこれ。

那珂湊

文字デザインが洒落てます。
那珂湊は鉄道そのものに名前がついてますから、電車と線路のデザインかな。
中根は古墳かな?殿山はハマギク?


その隣には動物電車が!かわいい♪

チュウチュウトレイン


ところで、写真を加工中に気づいたんですが、ちらりとみえてる後ろの電車の窓ガラスに・・・


窓にジオパーク!

茨城県北ジオパーク構想のシールが!!


実は、那珂湊鉄道さんにお願いして、明日審査員が乗る電車に特注のシールを貼らせてもらったみたいです。
なんでここにいるときにきづかなかったかなぁ・・・。
わたしって・・・・・・。


翌日の審査、ちょっと心配になった和なのでした~。


ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪

23:16 |2011/08/23 | | コメント:7 トラックバック:0 | 火山・ジオツアー |TOP


 大子花火2011 

 
12日から怒涛の3日間でした。

12日 高萩ジオツアーの撮影会お手伝い&プチ女子会
13日 お墓参り
14日 大子花火大会

書き出してみると、そんなもんかという感じだけど、けっこう車で移動する時間があったり、合間を見てそうじや片付けしたり、あとは蒸し暑いのが利きました~!


さて、大子の花火は車が混むとのウワサだったので19時からだけどちょっと早めにでかけました。
せっかくなので袋田の滝にも寄りました。

鮎釣り

滝に行く手前の川の中では、子供達が釣りをしていました。
鮎やオイカワがつれていたみたい。



そしてこれが夏の袋田の滝。

夏の袋田の滝

うーん、推量が少ないので迫力がいまいち。
雨が降った翌日とかはいい感じに流れますよ。


袋田の町は、なかなか風情のある古い建物がいくつかありました。

風情ある建物

これは陶器屋さんみたい。


路地には浴衣を着た人たちも歩いています。

浴衣

この路地には子供達の手作りあんどんがぶら下げられていました。
暗くなるといい感じになるんでしょうね。

この先の川に沿った大通り(?)には出店がたくさんでていて、人もたくさん!
カメラで撮影できるどころではありませんでしたよ!

対岸の道の駅やコンビニも大繁盛。
沿道の商店街や道の駅の売り子さんたち、この大盛況は久々のことなんでしょうね。
なんか、すごくイキイキと楽しげに売っていました。
がんばってたくさん稼いで元気な大子にしていきましょう!!


さて、焼きそばや鮎の塩焼きを調達し、腹ごしらえをするとかわらから灯籠流しが始まりました。
ちょっと暗くて上手く写せませんでしたけどw。

そして灯籠流しと並行して花火の打ち上げがはじまりました。
時々川面に流れる灯篭が写りこんでます。

花火


花火


花火


花火

河原は石ではなくて草が生茂ったところ。
草刈りもしてありますが、やっぱり足場は不安定でした。
いいロケーションがとれなかったのが残念。

山の向こう側では稲光がピカピカしていましたが、なんとか天気も持っていい花火を堪能できました!


ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
21:53 |2011/08/16 | | コメント:7 トラックバック:0 | 旅行・アウトドア |TOP


 暑い日 

ここ3日ほど、高温注意報が発令するほどの猛暑でした。
火曜日は周辺地域で35度を超えるような猛暑でしたが、私の住んでいるエリアはそこまでではありませんでした。
でも、この夕焼け!


110810a.jpg

7時ちょっと前に、トイレットペーパーがきれちゃったので買いにいこうと思ったらこの景色ですよ!

とりあえず写真におさめましたが、車で出かけてから更にオレンジの色合いが濃くなってなんかすごいことになってました。
これは翌日の更なる猛暑の前触れだったのかも。


昨日は朝から風が熱くて重い感じでした。
昼間は36度くらいになってたらしい。
この暑さは尋常じゃないですね。


こう暑いと猫もちゃんと冷え冷えシートを活用します。

110810a.jpg
 にゃんですか?

うーん。なかなか愛くるしいわ。
ここは廊下の端っこで、キッチンから茶の間に向って風が通り抜ける場所です。
しかも、キッチンの外は駐車場と細い道をはさんで田んぼです。
稲穂を揺らした風は思いのほかひんやりと心地いい。


でもね、はるっち・・・


110810a.jpg

そのお姿は猫としてどうよ?

ま、その方が涼しいんだろうけど・・・。
下っ腹にファスナーがついていそう。
そこから出てくるのは、きっと小太りのオッサンだわね。(^^;)

ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
22:22 |2011/08/11 | | コメント:5 トラックバック:0 | はる |TOP


 太古のロマンと胃袋のロマン 

 
日曜日、ロックフェスで賑わうひたち海浜公園の近くを通って阿字ヶ浦から那珂湊までドライブしてきました。
ここは茨城県北ジオツアー構想のジオサイトのひとつです。

夏休みだし日曜日だし、久し振りに暑さが戻ってきたから海水浴客もたくさんいるかな?


白亜紀の地層

磯崎漁港の少し先にある磯遊びができる海岸です。
茶色い砂が岩の間にたくさんあるけど、このへんって砂はなかったような気がします。
津波の影響?

ななめになって並んでいる岩は白亜紀の地層です。ちょうどプールみたいに囲ってますね。


もう少し先に行くと「清浄石」があります。

清浄石

ここには駐車場にいろんな案内看板が。
左端の石の柱には「清浄石」と書かれています。
その右側には「大洗県立自然公園」の案内が。
そして一番手前にあるのは「茨城県北ジオパーク構想」の案内。
その右手に見える岩が清浄石です。
昔護摩壇に使ったらしい神聖な場所なんですって。パワースポットですね。
今日は波が荒いので近づくのは難しいですね~。

この近くでは化石もでるんですよ。二枚貝やウニのほかなんとアンモナイトも!
しかもここでみつかる「異常巻きアンモナイト」はなかなか面白い形なんです。


さらに南下していくと、右手に平磯海浜公園がみえてきます。
ここはトイレがある駐車場もあるので、写真を撮りに来た時ここに車をデフォして近くの岩場で写真を撮ったりします。

平磯方面

なんか、いつもカモメやウミウがきている岩場も、かなり水位がたかいみたい?
この日のこの時間帯は潮位が高いようです。
見学とかでくるときは、潮位も調べておかないと岩場に降りられないこともあるかも!

実はこの日はうねりと波もかなりたかかったです。
ちょっと海水浴は躊躇するくらいの感じ。
自然観察は本当に天候に左右されますからね。


このあと、那珂湊の町を散策してみることにしました。
まずは那珂湊駅に行って観光案内の地図をゲット。
手書き風の素敵な地図です。しかも、駅構内には案内のおじさんがいて色々親切に教えてくれました。
ロックフェスの期間中だけなのかな?

ひたちなか市マンホール

駅の近くの無料駐車場に車をデフォして散策開始です。
歩き始めてすぐにこんなマンホールをみつけました!
よくみるとなかなかいいデザインのマンホールなんです。

 ウグイス:市の鳥
 いちょう:市の樹
 はまぎく:市の花

そして中央のマークはひたちなかしの「H」と波を組み合わせた市のシンボルマークです。


マンホールをみつけて幸先よく歩き出します。
古い町並みは観光客はほとんどいません。
静かな田舎町って感じでしょうか。


最初の目的地は「那珂湊反射炉」
実はこの史跡のことよく知らなかったので、反射炉って何だろう?と思ってました。
水戸藩の9代藩主徳川斉昭が、海防のため領地内の各地に砲台を設置しましたが、その大砲を作るための「大型の金属溶解炉」のことなんだそうです。

レンガ焼成窯

↑その時炉を作るためのレンガを焼く窯です。(ややこしい?(笑))
高温に耐えるレンガを焼かなくちゃいけなかったんですね。
そんなところからはじめるんだ~。すごいなぁ。
昔から日本人はものづくりに長けていたんですね!

反射炉

そして↑これが反射炉!
なんか、見た目にもカッコイイ!!


大砲

こちらが大砲の完成品。(笑)
実は私が通っていた日立の小学校、もとは「助川海防城」だった場所のすぐそばなんです。
ちょっと山側に上ったところには「城址公園」もあります。
そこにもこういうのが設置されていたんですね。


そんな史跡を見学して、さらに那珂川沿いをまわって本日一番いきたかった場所へ。
それは・・・


「すみよし」というお店です!
食事処でもあるんですが、じつはここの「たら福まん福幸福やきそば」というのを食べてみたかったんです。

たら福まん福幸福やきそば

塩味の那珂湊やきそばというのを大々的に売り出しているんですが、すみよしさんでは焼きそばをお稲荷さんみたいに油揚げの中に入れてくれます。
ちょっとしたスナックふうで食べやすい!
しかも、注文してから焼いてくれるのでお揚げはサクッと、中はあつあつのモチモチ!


味とトッピングが7種類もあって、そのなかから3つ選びます。
私が選んだのはこちら!

3つで500円♪

じゃーん!

個人的にはベストチョイスだと思ってます!!
プレーンは塩やきそばそのものの味が楽しめます。
メヒカリの唐揚げはサクサクで骨まで綺麗に食べられます。
小さなイイダコの唐揚げが2個入ってるのも嬉しい♪タコ好きにはたまらない一品です!

数件のお店で「那珂湊やきそばのれん会」というのを結成しているそうです。
ホームページはこちら→ http://nakaminatoyakisoba.web.fc2.com/

ぜひあれこれ食べ比べしてみませんか?(^^)


すみよしさんの二件ほど隣にはおじいさんの手作りアイスのお店があるらしいので、寄ってみました。

深作氷菓店のアイス

暑いところを歩いたら、やっぱりこれよね~。
何種類かありましたが、気になったのは珈琲とパイナップル。
迷った末パイナップルにしました。
果肉も入っていて、爽やかな甘酸っぱさに暑さもふっとびました!

那珂湊の街中は、あついせいもあってか人通りが少なくてちょっと寂しい感じでした。
でも、思いのほかB級グルメのお店が何件もあるし、古くて味のある建物もあるし、宣伝しだいでお客さん呼べそうな気がしました。
ロックフェスをやっていたせいもあってか、外国人男性の二人連れ(あきらかに観光客)もみかけましたよ。

海と歴史とB級グルメ、そして那珂湊の魚市場もすぐちかくですので、那珂湊海浜鉄道に乗って遊びにきてみませんか?
那珂湊駅では運がいいと黒猫のおさむ駅長にも会えますよ♪


ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
23:29 |2011/08/08 | | コメント:3 トラックバック:0 | 火山・ジオツアー |TOP


 日立で5億年前の岩石と戯れる 


さてさて、予告どおり日曜日は茨城県北ジオツアー構想のインタープリターブラッシュアップ講習会最終日の日立ジオツアーに参加してきました!

・行程
  茨大(水戸、日立)→神峰公園→日鉱大雄院事務所前駐車場→日鉱記念館(昼食)
  →高速橋下→茨大(解散)


前日から始まった「あんどんまつり」で公園内には提灯やあんどんがたくさん飾られていました。

あんどん祭

でも、朝から雨が降っていたせいかこの時間(10時)はまだ人がまばら。


入り口の郷土博物館から少し上がったところに日本鉱業の創始者久原房之助と日立製作所の創始者小平浪平の碑が立っていました。

日鉱、日製創設者の碑

碑の下が丸くなっているでしょ?
実はこの丸、日立で有名な大煙突の大きさなんですって。
こんな場所になにげなく記してあるなんて、全然知りませんでした!


神峰公園南駐車場へ。

第1駐車場の案内看板

ここにはジオパーク構想の案内看板があります。
駐車場の奥には遠く大煙突もちょこっとみえます。


ここで5億年前の地層や日立のジオポイントについて案内看板を見ながらレクチャー。
このあと遊園地の中をとおって上へ歩いていきます。
実はこのかみね公園、山の斜面につくられているんです。
だから園内はけっこう急な斜面になっているところが多いんですよ。

変成花崗岩

芝生の斜面の途中、日立風流物が描かれた銅版のそばにある石を見学。
なんとこれも5億年前の石だそうです。
変成花崗岩です。
写真は顕微鏡モードでアップにしたものです。


さらに登っていくと、山頂付近の展望台のところに到着。
日立市と友好都市になっているアメリカのバーミングハムから送られたバルカンの像がたっているところです。
火と鍛冶の神、火山の神ですね。工業都市つながりなんでしょうね。

山頂付近の展望台前

ここは市街地が一望できるいい場所です。
桜の咲いている時期に来ると、あちこちに桜が点在しているのがみえてきれいですよ。
ここにも5億年前の変成花崗岩が点在してます。


さらに上に行くとレジャーランドの先に新田次郎の「ある町の高い煙突」の文学碑がたっている公園があります。

新田次郎の碑の前で。大煙突と煙害について

神峰ゴルフクラブの入り口のむかいあたりです。
ここでは大煙突と新田次郎の小説についての解説がありました。

ある町の高い煙突

この煙突は、鉱山で銅を精製した時にでる亜硫酸ガス(二酸化硫黄)の煙害を解消するためにたてられたものなんです。
ただ、この煙突をつくるまでには色々苦労があったそうです。
それを小説にしたのが「ある町の高い煙突」。
日立の歴史を語る上では重要なポイントです。


このあと大型バスで日鉱の大雄院事務所前に移動。
金曜日にダブルSさん、Hさんと下見しておいたポイントです。

5億年前の地層の前で解説

ここでは5億年前の地層が地殻変動によって逆転している場所があります。
学生さんがその解説をしています。

この位置から後ろを振り向くと大煙突とふるい煙突群が一目でみられます。
ここで私も案内人実習。
皆さん主に大煙突やそれ以降の話、日製の創設と5馬力モーターの話をされるというので、私は日立の鉱床と日立鉱山以前の歴史をちょっとだけ話しました。

短い時間でわかりやすく話すのは難しいですね。
1週間で余分な知識を詰め込んでいったので、省略して話すのはなおさら大変でした。
まだまだ修行が必要です。


さて、案内人がそれぞれ熱弁を振るうので時間はやや押し気味。(笑)
他にも押してる理由はあるんですが、とにかくバスで移動中にお昼を食べちゃって一向は日鉱記念館へ。

日鋼博物館

入り口でここの案内とさらに日立の歴史などを解説。
館内では団体用の大煙突のDVDをみせていただきました。

その後、講習会の終了証をいただき、感激に浸る間もなく記念館の見学です。

館内展示だけでなく、屋外にもこうした展示物が点在していてなかなか面白いですよ。

坑道.jpg

これは坑道の入り口です。
天空の城ラピュタを彷彿とさせます。(笑)


館内に入る前に解説のあった「苦心惨憺」の碑。
久原房之助が後年、創業当時の苦労を書にしたものだそうですが、私たちの興味はこの書よりも・・・

苦心惨憺

左下の看板に。(笑)

注目

だって、ジオツアーだもの。


さて、以上で案内の実習はひととおり終了。
最後はお楽しみの化石探し!!


田切先生のお話だと、記念館より少し戻ったあたりの河原の転石を探す・・・・・・・・

はずでしたよね?

想定外

先生は、その場所につくとなんと斜面を登り始めたではありませんか!
一瞬ひるんだ私たち。


でも、化石の魅力には勝てず。

化石探しに夢中!

みんなで斜面を登ってわらわら化石探しです。(笑)
しかもかなり熱心に。

この場所はかつて鉱山から日立駅に向って電車(チンチン電車)が走っていた軌道あとだそうです。
なので、少し斜面をのぼると平らな部分にでるのです。
探すのはサンゴやウミユリの化石。

ウミユリ

ちょっとわかりにくいけど、↑これもウミユリの化石だそうです。


ウミユリ

こちらは
ウミユリの茎の部分(断面)。


調査中(笑)

一つの石にウミユリがいっぱい入ってるというのでみんなで写真撮影やらどうやって持ち帰るかの算段やら。(笑)

化石だらけの石

黄色っぽく点在しているのがそうらしいです。
私はよくわかりません。


化石採集後、みんながバスにもどったところでジャンケン大会をしました。
金曜日に下見に行った時にゲットした扇風機最中とモーター最中をもってきたので、その争奪戦です。
先生方も参加してくださって、ちょっとの時間ですが盛り上がりました。

ちゃんと途中のバス移動のときに、最中の説明もしておきましたからね♪

先週の袋田といい今日の日立といい、インタープリターのみなさん実に勉強熱心でよく調べてこられていました。
実際のツアーでも補助だけでなく、即戦力になる方ばかり。
私も負けないでどんどんスキルアップしていこうと決意を新たにしました。

楽しい大人の遠足は、満足度大でした!!


ランキングに参加してます。よろしかったらポチッとお願いします♪


 
00:02 |2011/08/02 | | コメント:4 トラックバック:0 | 火山・ジオツアー |TOP



| TOPページへ戻る|

プロフィール

和(かず)

  • Author:和(かず)
  • 和猫ワールドへようこそ.
    ジオパーク、火山、猫、テニス、グルメに写真.
    あちこちにアンテナ貼って、何にでも好奇心旺盛な和のブログです.
    今日も元気にいってみよう!

    似顔絵は似顔絵イラストメーカーさんを使いました.

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR

月別アーカイブ


無料カウンター

↓テニスブログはじめました!

コースをねらえ!

はる


2007年3月31日生まれ ♂(雄) 去勢済み
2007年10月20日 和家にやってきました。

天猫しゅうた


2006年7月しゅうたは天猫になって虹の向こうへ旅立ちました。
関連リンク
 大猫倶楽部
 さよなら、しゅうた様
 優しさの連鎖を


台東区のホテルの口コミ
トリップアドバイザー

和猫的モバイル好奇心(携帯百景)







里親募集中!


お買い物コーナー♪

はるっちご愛用の猫砂
トフカスおからの猫砂

玉屋えゐち

犬と猫と人とエコ
ぽこりこ生活

 招き猫商会



参加してます





    自然を愛する写真家


ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。