FC2ブログ

 

和とやんちゃ猫「はる」の日々のつらつら日記. 旅行,写真も大好きです. 天猫しゅうた様は心の友です!

 小さくても命ですから! 

18日、直木賞作家の坂東眞砂子が「子猫殺し」をしているという記事を日経新聞のコラムに書いたそうです。

昨日キャンプ猫GAVIちゃんのところで「子猫を殺しちゃいけないよ!」という記事を読んで知り、驚きました。
人気ブログきっこのブログさんでも「猫殺し作家の屁理屈」というタイトルで書かれた記事の中に「子猫殺し」の全文が記載されています。

坂東眞砂子という人の作品は読んだことがないけど、その書かれた記事を読んでこの人の作品を読む気がしなくなりました。
タヒチ在住ということですが、ゴーギャンが「楽園」と呼んだこの場所で、この作家はいったい何を感じたんでしょう。
私は、この人のやったこと、考え方には全く賛同できません。


記事の中で

「獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。」

そう書いておきながら、自分は生まれてきた子猫の命を奪い取っているわけです。
色々理屈をこねているようだけど、結局のところ小さな命を奪っているんですよね、この人は。
「あんたたちはできないだろうけど、私は社会的責任を取るために涙をのんで子猫を殺せるのよ」って言われているみたいで、すごく不愉快です。
私にはもちろんできません。だって、小さくても命。
とても粗末に扱うことはできません。


また、この人は

「もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。」
とも書いているけど、それを言うなら「子孫を残すために産んだんだから、産んだ子供を育てたいわよ」って猫に逆襲されちゃうよね。


この人は、なにを考えてこんな記事を書いたのか。
そしてこの記事を、大勢の読者を持つ新聞が掲載を許可するとは。
大人の、そして日本の社会としての生命に対する尊厳の低さを感じさせますよね。


ところでこの人は、本当に猫が好きで飼っているんでしょうか?
猫たちは、この人に飼われていることで幸せなんでしょうか?
こんなに簡単に命を奪う人間に飼われている猫たちがものすごく可愛そうです。

この人の猫に対する無知と勝手な思い込みで、子供を殺された母猫と殺された子猫たち。
一番の被害者は猫たちですから。

スポンサーサイト



21:00 |2006/08/24 | | コメント:7 トラックバック:2 | お怒りじゃ~ |TOP



| TOPページへ戻る|

プロフィール

和(かず)

  • Author:和(かず)
  • 和猫ワールドへようこそ.
    ジオパーク、火山、猫、テニス、グルメに写真.
    あちこちにアンテナ貼って、何にでも好奇心旺盛な和のブログです.
    今日も元気にいってみよう!

    似顔絵は似顔絵イラストメーカーさんを使いました.

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

月別アーカイブ


無料カウンター

↓テニスブログはじめました!

コースをねらえ!

はる


2007年3月31日生まれ ♂(雄) 去勢済み
2007年10月20日 和家にやってきました。

天猫しゅうた


2006年7月しゅうたは天猫になって虹の向こうへ旅立ちました。
関連リンク
 大猫倶楽部
 さよなら、しゅうた様
 優しさの連鎖を


台東区のホテルの口コミ
トリップアドバイザー

和猫的モバイル好奇心(携帯百景)







里親募集中!


お買い物コーナー♪

はるっちご愛用の猫砂
トフカスおからの猫砂

玉屋えゐち

犬と猫と人とエコ
ぽこりこ生活

 招き猫商会



参加してます





    自然を愛する写真家


ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-